TEL
MENU

Blog記事一覧 > 2018 12月の記事一覧

生理痛を改善する⑤|冷え性に気をつける

2018.12.10 | Category: 生理痛

皆さんこんにちは

大阪市 北区 南森町にあります

生理痛 生理不順 PMS 不妊 女性ホルモンバランス療法の

メディオン整骨院 整体院です

今日も数ある医療機関の中から当院のブログを見て頂きありがとうございます。

生理痛を改善する⑤

生理痛を改善するシリーズ5回目は

冷え性に気をつける!!

です。

 

冷えは生理痛の対敵です!!

女性の約半数は【冷え性】であると言われています。

では

なぜ【冷え性】が【生理痛】に良くないのか??

 

身体が冷えると血管が縮んで血液循環が悪くなり

生理痛や生理不順を始めとする月経(生理)のトラブルにつながります。

冷えが生理痛に良くないのは医学的にも証明されています。

生理痛を起こすとされるホルモン「プロスタグランジン」ですが

このホルモンは子宮内膜で作られ、子宮を収縮させる働きがあるのですが

子宮内や周囲の血管が冷えた状態になり子宮の動きが悪くなると

プロスタグランが分泌する為の動きが過剰になり

より子宮を収縮させ【生理痛】がひどくなるとされています。

◆冷えの対策

・冷えた身体を温める半身浴と足湯

気をつけていても冷えてしまった身体を温めるには、入浴が最適です。

熱いお湯では湯船にゆっくりつかる事ができず身体の表面しか温もりません。

また肩までつかると心臓に負担がかかります。

38~40度のぬるま湯にみぞおち上ぐらいまでつかりましょう。

10分程つかり、2~3分おいてまたつかれば

全身の血行がよくなり、生理痛や生理不順に効果的です。

香りの良い入浴剤やアロマオイルを使えば、リラックス効果も高まります。

足湯にも、血行も促進する効果があります。

洗面器やバスタブなどに少し熱めのお湯をいれて足をつけます。

お湯がぬるくなったら差し湯をして下さい。

20分ほどつかれば、足だけではなく全身がぽかぽかとしてきます。

 

・おへそ回りを温める

子宮近くのおへその周りには女性ホルモンに関わるツボがいくつかあります。

生理時の痛みを直接感じるのも、この周囲ですねので

おへそ周りを温めれば、子宮も温まり

生理痛が和らぐ可能性があります。

 

ちょっとした事ですが

生理痛を少しでも和らげる為、セルフでのケアもとても重要ですね!

 

次回は【冷え性】対策の

「食事」について書きたと思います。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうござました。

大阪市 北区 南森町で

生理痛 生理不順 PMS 不妊でお困りなら

女性ホルモンバランス療法

メディオン整骨院 整体院

 

 

 

 

 

生理痛を改善する④|女性の基礎体温について

2018.12.06 | Category: 生理痛

皆さんこんにちは

大阪市 北区 南森町にあります

生理痛 生理不順 PMS 不妊 女性ホルモンバランス療法の

メディオン整骨院 整体院です。

今日も数ある医療機関の中から当院のブログを見て頂きありがとうございます。

生理痛を改善する④

生理痛を改善するシリーズ4回目は

基礎体温を測ろう!!

です。

まず基礎体温とは

生命維持だけにエネルギーを使っている時

つまり、頭や身体を使ってない時の体温です。

女性の基礎体温は月経周期に伴って変化し

目に見えない卵巣の働きが基礎体温でわかります。

基礎体温をつけて卵巣の働きをチェックしましょう!!

 

【基礎体温はこうしてはかる】

 

・婦人体温計を準備する

基礎体温の変化はわずか0.3~0.5度。この差を測定するためには

婦人体温ら計という特別な体温計が必要です

普通の体温計は0.1度までしか測れませんがが基礎体温計は0.01度まで測れます。

 

・婦人体温計を舌の下にはさみ測る

脇の下ではなく、口の中で測定します。測定中は軽く口を閉じたまま、動かずにいます。

 

・毎朝同じ時間に目が覚めたらすぐは測る

起き上がると体温は上昇してしまいます。

正確な測定をするため、枕元に体温計を用意し、目が覚めたら横になったまま

すぐに測りましょう。

 

・一か月以上は続けて測る

一定期間続けて測らなければ、身体のリズムが見えてきません。

続ける事を第一の目標に、完璧は目指さず気楽な気持ちで行ってください。

 

【低体温・高体温】

基礎体温には低体温と高体温が一定の周期で繰り返されます。

基礎体温の変化が卵巣ホルモンの働きを反映していて

排卵前の卵胞期には低温に

排卵後の黄体期には高温になります。

つまり基礎体温が低体温・高体温に分かれていたら

【排卵】があり、2つの女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が

リズムをもって分泌されている事がわかります。

※逆に基礎体温の変化がなく一定の場合は【排卵】がない

つまり女性ホルモンの分泌に問題があるという事になります。

低温期

卵巣内の卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)が

多量に分泌されている時期で卵胞期ともいう。

 

排卵日

低温期から高温期に移る時、体温が下がる(滑落日)

この日に排卵が起こっている。

上昇期

卵胞が黄体に変化しプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌している時期。

プロゲステロンの働きにより基礎体温が上昇する。

高温期

プロゲステロンが多量に分泌されている時期。

通常12日~16日ほど続く。

下降期

プロゲステロンに分泌が低下し、基礎体温が下がる。

増殖した子宮内膜は剥がれ落ち【月経】がおこる。

 

◇妊娠している場合の基礎体温

通常12日~16日の高温期が3週刊以上続いている場合は

妊娠している可能性が高い。

◇排卵が起こっていいない場合の基礎体温

低温期高温期が分かれていない場合は

排卵が起こっていない疑いがある。

 

女性の基礎体温を知るという事は、月経バランスや(生理)の狂いや

妊娠の可能性など女性ホルモンバランス・女性の健康のバロメーターとなります。

なにかトラブルを感じた方は、しばらく継続した基礎体温測定を行いましょう!!

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございした。

大阪市 北区 南森町で

生理痛 生理不順 PMS 不妊でお困りなら

女性ホルモンバランス療法

メディオン整骨院 整体院

貧血を改善したい方へ|生理と貧血の関係性

2018.12.02 | Category: 生理痛

こんにちは

大阪市 北区 南森町にあります

生理痛 生理不順 PMS 不妊 女性ホルモンバランス療法の

メディオン整骨院・整体院の田坂です。

数ある良医療機関の中から当院のブログを見て頂きありがとうございます

 

 

生理と貧血について

女性は生理によって定期的に出血を繰り返す為

男性に比べて貧血になりやすい傾向にあります。

貧血になると疲れやすく、ちょっとした動作でも息切れや動悸が起こります。

心臓にも負担がかかるため、進行すると心肥大を起こす事もあり危険です。

生理のトラブルよって起こる貧血は

ゆっくりと症状が進むため自覚症状がないことも少なくありません。

 

貧血に注意する症状

・子宮筋腫

・子宮内膜症

・子宮内膜ポリープ

・生理の周期が短い(頻発月経)

・生理の出血量が多い(過多月経)

・生理の期間が長い(過長月経)

・不正出血

などがある人は日頃から貧血に気をつけましょう!!

貧血を予防する食品

・レバー

・海藻類

・ホウレンソウ

・カキ 貝類

※鉄分を多く含む食品を積極的に摂ることが大切です!

ビタミンCを一緒に摂ると鉄の吸収が助けられるため効果的ですが

貧血症状がある方は無理なダイエットや食事抜きなどに注意し

バランスの良い食事に気をつけましょう!!

 

貧血の際に良くない食品

※鉄分の吸収を阻害してしまう食品

・玄米

・お茶やコーヒーに含まれるタンニン

・乳製品に含まれるカルシウム

 

月経(生理)に異常を感じ、貧血かなあ?という症状があれば

日頃からに食事に気をつけ、症状が進むまえに施術を受けましょう!!

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

大阪市 北区 南森町で

生理痛 生理不順 PMS 不妊でお困りなら

女性ホルモンバランス療法

メディオン整骨院 整体院

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-2-9 川那辺ビル2階
電話番号06-6809-4631